五月を振り返って

やれやれ・・・。3月に大勝ちして以来、徐々に職場に足を引っ張られて、FXの調子が下降していきました。それでも4月は20万円。5月は先週まで30万円の利益を出しました。しかし、確実に職場のネガティブさに侵されて、トレードが崩れていて、大きな負けと大きな勝ちを繰り返し、とうとう5月最終週30万円を超える大損失を出しました。

で、この間、色々とあり、月に150万円は稼ぐ必要が出来てきて、さらにFXの先生をしなければならなくなったので、9MAトレードの教科書を作りました。ダマシなんて関係ない。シンプルにただ粛々と、ルール通りに続けていれば莫大な利益を上げる方法を調整してまとめました。今後はそのトレードルールに従ってトレードをしていきます。

では、五月を振り返ります。


1000万円山分けキャンペーン中【LIGHT FX】

日足で3点一致でチャンスを迎えたのは1-5の5回です。

1の所5月4日の陰線が確定した日

初心者もアクティブトレーダーもFXの取引は「みんなのFX」で。

日足では5月5日の朝に売りの3点一致が成立します。4時間足ではEMA9MAとSMA9MAがデッドクロスして、すでに5月4日の1本目ですでにEMA9MAの下に潜っています。5月4日の陰線ですでに売りエントリーしていてもいいし、5月5日の朝に売りエントリーでもいいです。

直前の買いエントリーは5月1日の最後のロウソク足で、《signalsの反転マークの付いた陽線の後で陰線が確定する》という決済条件に当たったので決済しています。あとは5月4日にEMA9MAを打ち抜く陰線を待っている状態です。

売りエントリーした後はEMA9MAとSMA9MAがゴールデンクロスした後で決済条件になるのを待ちます。5月7日の18~21時のロウソク足で、《signalsの反転マークの付いた陽線が直前の陰線を追い越した》という決済条件に嵌ったので、ここで決済します。この時EMA9MAとSMA9MAがゴールデンクロスした後で、《陽線がEMA9MAを上に打ち抜いた》という決済条件に嵌るので、売りを決済した後に、買いエントリーをします。

その後、5月8日の最後のロウソク足の陰線で《MA_BBandsの反転マークがついた陽線の後で陰線が確定した》という決済条件を満たしたのでここで買いエントリーは決済します。この後、EMA9MAとSMA9MAがデッドクロスした後で、EMA9MAを打ち抜く陰線を待ち、5月11日14時~15時のロウソク足がEMA9MAを打ち抜いたので、ここで売りエントリーします。

ここから暴落をと思った5月12日、朝の6-9時のロウソク足で、《signalsの反転マークの付いた陰線の後で、陽線が確定した》という決済条件になったので、売りエントリーを決済します。この後はEMA9MAとSMA9MAがゴールデンクロスした後で、《陽線がEMA9MAを上に打ち抜いた》という買いエントリーの条件を待ちます。次のロウソク足(12日10-13時)でEMA9MAを上に打ち抜きました。ゴールデンクロスはまだですが、買いの3点一致は成立しているので買いエントリーします。

このエントリーは5月13日の10-13時の陰線で、《MA_BBandsの反転マークがついた陽線の後で陰線が確定した》という決済条件を満たしたので、ここで買いエントリーを決済します。この後はEMA9MAとSMA9MAがデッドクロスした後で、EMA9MAを打ち抜く陰線を待ちます。

日足の1~2までの動きの鈍いところも、4時間足のEMA9MAとSMA9MAのクロスの後での打ち抜きに注目してエントリーして、粛々と決済条件に嵌れば決済するということを繰り返せば利益につなげることもできます。


最狭水準スプレッド!FXを始めるなら外為ジャパン

5月14日朝・・、急反転されてた。直前の買いエントリーは5月13日の10-13時の陰線で、《MA_BBandsの反転マークがついた陽線の後で陰線が確定した》という決済条件を満たしたので、ここで買いエントリーを決済します。というのがルールですが、そこは整備前で形が崩れていたのでキープしたまま仕事に行って、帰ってきたら負けてました。

この日、EMA9MAとSMA9MAがデッドクロスした後で、EMA9MAを打ち抜く陰線がすでに出ていたので、売りエントリーします。このエントリーは14日の最後のロウソク足が陽線になり、《MA_BBandsの反転マークの付いた陰線の後で、陽線が確定した》という売りの決済条件を満たしたのでここで決済し、この後はEMA9MAとSMA9MAがゴールデンクロスした後で、《陽線がEMA9MAを上に打ち抜いた》という買いエントリーの条件を待ちます。5月15日の14-17時のロウソク足で条件を満たすので買いエントリーするか、5月18日の朝にすでに《陽線がEMA9MAを上に打ち抜いた》ということで買いエントリーするか、18日の14-17日のEMA9MAを打ち抜いた陽線で買いエントリーを入れます。

この後、5月21日の朝6-9時で、《MA_BBandsの反転マークがついた陽線の後で陰線が確定した》という決済条件を満たしたので、ここで買いエントリーを決済します。この後EMA26MA強気上昇中に、EMA9MA付近で陽転した陽線(14-17時)で買いエントリーを入れます。18-21時で利益が出ますが、22-01で大反転されて負けてしまいます。

同時にこの反転の陰線で《MA_BBandsの反転マークがついた陽線の後で陰線が確定した》という決済条件を満たしたのでここで買いエントリーは決済します。またEMA9MAとSMA9MAがデッドクロスした後で、EMA9MAを打ち抜く陰線でもあるので、ここで売りエントリーを入れるか、翌日の22日の朝にすでにEMA9MAを打ち抜いた陰線が出ていたということで売りエントリーをします。

④の売りの3点一致が成立した日、実は前日に《MA_BBandsの反転マークの付いた陰線の後で、陽線が確定した》という売りの決済条件を満たしていたので、そこで売りエントリーを決済し、ゴールデンクロス後の打ち抜き(買いエントリーチャンスを待つ)場面になっているのですが、ここで売りエントリーをキープしその後30万円を吹っ飛ばされることになります。

ルール通りに決済して、エントリーしておけば、逆に30万円もぎ取っていましたね。

5月26日6-9でEMA9MAとSMA9MAがゴールデンクロスした後で、《陽線がEMA9MAを上に打ち抜いた》という買いエントリーの条件を満たしたので、ここで買いエントリーします。その後EMA26MAが上向く上昇トレンドになります。こうなればEMA9MAを打ち抜く陰線が出るまでは止まりません。これに売りエントリーで巻き込まれて大損とか馬鹿です。いろんな時間軸やインジケーターを見るから惑わされて、出ている答えに気づかないわけです。粛々と9MAトレードに専念すべきです。

買いエントリーは5月28日の10-13時の陰線で《MA_BBandsの反転マークがついた陽線の後で陰線が確定した》という決済条件を満たしたのでここで決済します。しかし、EMA9MA付近で反転して陽線が確定した5月28日18-21時の陽線の確定の後に買いエントリーします。

その後、小さな陰線にも《MA_BBandsの反転マークがついた陽線の後で陰線が確定した》という決済条件が出ていましたが、EMA9MAとSMA9MAがデッドクロスしていなかったり、直前の陽線の実体の半分以下の陰線だった場合はEMA26MA強気上昇中は決済しません。

この買いエントリーは5月29日の22-01時の《signalsの反転マークの付いた陽線の後で陰線が確定する》という決済条件に当たったので決済します。買いエントリーは決済条件に当たって、直前の陽線を追い越した場合は決済します。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。:

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です