《EUR・USD》9MAトレードの6月1-12日

6月からは9MAトレードに一意専心です。まずはチャートを見ます。

FXはじめるなら【LIGHT FX】
5月29日の22-01時のロウソク足で、《signalsの反転マークの付いた陽線の後で陰線が確定した》という買いエントリーの決済条件に該当したので、買いエントリーは決済。

6月1日の朝,EMA9MAとSMA9MAはデッドクロスしているので、あとはEMA9MAを陰線で下に打ち抜くのを待って売りエントリーを入れます。反転上昇しやがったら泣きます。




6月5日が終了した時点でようやくEMA9MAを打ち抜いてEMA9MAが弱気になりました。結局はここまで待たされるわけですが、実は今人生最大の大敗北中です。たった月13万円の仕事で、とんでもないオッサンが同僚になり、そいつに8時間連続で足を引っ張られて、5月は月曜日にオッサンのカバーで2時間連続小走りを強いられる(マラソンと違うわ!!)ような仕事で、トレードがぶれました。

売りエントリーを入れたころには、EMA9MAとSMA9MAはゴールデンクロスに向かい、その後すぐにEMA9MAが強気になる平均足の陽線が出て、ここで決済をせずにキープしました。

ルール上はここで決済、買いエントリーに切り替えです。買いエントリーはEMA9MAが強気の間はキープするようにした方が、収益を伸ばせます。こんなところで売りはキープしてはいけません。

あとはEMA9MAが弱気にならず、ずるずる上昇する《嫌がらせ相場》に入り、落ちそうになっては跳ね返す。そんなに上昇した形に見えないのに、実はじりじり上昇されている。最悪なパターンに嵌りました。で、ようやく金曜日にEMA9MAを陰線が打ち抜いて、陰線になってくれたのですが400pipsのマイナスを食らって涙目です。

まあ、人生最後で最大の大敗北ですね。今後は9MAトレードに専念するから、売りはEMA9MAとSMA9MAがゴールデンクロスした後に平均足が陽線になれば決済、EMA9MAが強気になれば買いエントリーに切り替え。買いエントリーはEMA9MAとSMA9MAがデッドクロスして平均足が陰線になりEMA9MAが弱気になれば決済、売りエントリーに切り替え。これが徹底されるので、逆にこのような場面はぼろ儲けですね。

さて、売りのパターンに嵌ったし、月曜日からの暴落に期待です。

最狭水準スプレッド!FXを始めるなら外為ジャパン

順調に下降していた月曜日、日付け変更と共に逆走(笑)、本当なら売りエントリーは決済なんだけど、出来んわ!!
とりあえず買いエントリーを、木曜日の18-21でカラスになったので、ここで終了し利益確定。ささ、ここから損害を減らしていきましょう・・・。


初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール

日足の方で見ると、5-8日の下降はMACD-2のMACDラインが上昇中でした。こういう場所では2日ほどで跳ね返されるのがオチです。案の定9日、10日と反転上昇されてしまいます。ただ、もう勢いがなくなってきていて、そろそろという期待を持っての11日に大暴落。

12日の朝に、11日の平均足がカラス(平均足十字線:ロウソク足大陰線)になったため、ここで平均足の陽転後に長く続いた買いエントリーはカットして売りエントリーに入ります。12日終了時点で平均足は陰線になり、MACD-2のMACDラインが下降しているので、数日平均足の陰線が続く可能性が高くなってきました。

さて、どこまで損害を減らせるでしょうか。




 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。:

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です