日足9MAトレードEUR・USD12月21-31日


FX始めるならみんなのFX

12月21日、朝に大異変。いきなり40pipsほど利益を吹っ飛ばしたところからスタートし、その後ぐいぐい下がってきて、その後持ち直してロウソク足は陽線にはなったものの、平均足が陰線になりここで決済しました。
12月22日は売りにも買いにもエントリー条件に達していなかったので、トレードはお休みです。

さて、現在、12月22日4:45現在の陰線がEMA9MAを打ち抜いています。このままの状態で確定すればEMA9MAは弱気になり、売りエントリーのタイミングになります。準備運動です。

最狭水準スプレッド!FXを始めるなら外為ジャパン

12月22日の陰線が確定し、EMA9MAが陰線になり売りエントリーの条件が整いました。喜んで売りを入れたところ・・・・、ちょっと戻りました。モーメンタムが下がりっぱなしなので売りエントリーはキープしていますが、12月28日現在、ねちっこく跳ね返されてます。アメリカもユーロ圏もフラフラなので、何とも不安定な乱高下が続いてます。もういい加減にしてほしいわ。

週足が陰陽陰の陽線挟みのダブルたくり線(陰・陰)でMACD-2のヒストグラム弱気だから落ちてくるのが当たり前なんだけど。まあ、しつこそうだわ。さっさと陥落しやがれ。


為替取引を始めるなら≪DMM FX≫

結局、30日まで上昇されて、涙の損切り。落ちる気配がなかったので買いエントリーすると、31日に暴落されるという。もう、ルール通りやらないとボコボコにヤラレル。

基本、売りルールに関してはルールの追加をする必要があるかと思い調べると、一目均衡表の基準線が上昇中は、転換線が9MAの上に回ってない場合は売りエントリーで負ける確率が高くなることが分かった。基本ロウソク足を見て騙されるし、MACD-2を見てると騙される。

問題点を精査して、もっとシンプルに判断できるようにしていく必要があると痛感した。まあ、ルール通りにやれば誰でも勝てる。ダマシの少ない日足FXは必ず完成させる。2021年は飛躍するよ。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。:

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です