1週間終わったが・・・、なかなかうまく扱えない。

スパンモデル坂道の法則を使ってトレードと言っても、なかなか簡単に扱いきれない。というかしみついた癖をぬぐい切るのに時間がかかっている。

スパンモデル坂道の法則に嵌っている上昇トレンドはやりやすいが、トップ圏のレンジ域や大きな陰線を振ってくる下降トレンド、谷底のレンジ域はスパンモデル坂道の法則が嵌ってきません。また往々にしてスパンモデル上り坂の法則・下り坂の法則も後手を踏むことがあります。

4時間足や日足の場合はスパンモデル坂道の法則やスパンモデル上り坂の法則・下り坂の法則に嵌るのを待って勝負すればほぼ間違いなく勝ち、大幅な利益を取れますが、1時間足以下ではそれ以外のテクニックが必要になってきます。

そんな数日間でした。

 

こういう時の対処法は、3_level_zzsemaforの高値右側は、売りで狙う。

エントリー基準は

1・高値が切り下がったところのはらみ落とし、抱き落とし、ダブルたくり線+陰線から狙う。

2・直前の陽線群の前の陰線の実体安値を打ち抜いた陰線の後を狙う。

という基準を取ります。

買いエントリーも

1・安値が切り上がったところのはらみ上げ、抱き上げ、ダブルたくり線+陽線から狙う。

2・直前の陰線群の前の陽線の実体高値を打ち抜いた陽線の後を狙う。

という基準を取ります。先ほどのチャートにそれを当てはめるとこうなります。

圧倒的な勝率ですね。

また、15分レベルでも同じことが言えます。

(パソコンならダブルクリックでチャートが拡大されます。)

また、1時間足で3_level_zz_semaforの高値が付いた場合、15分足ではその後、陽線になった後にすぐに陰線になれば狙い目、3_level_zz_semaforの安値が付いた場合、15分足では陰線の後にすぐに陽線になれば狙い目です。

この1週間の反省と確認を込めて、詳しくはスパンモデル坂道の法則のルールに追加掲載しています。

http://osigotoageru.info/spansakamiti

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。:

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です