横滑りから逆走された。

まあ、ひどいとしか言いようのない相場、スパンモデル坂道の法則は全く通用せず、12時間たってようやくチャンスが来たような日。

20pipsマイナスでした。まあ、マイナスになったのは単に私のミスですが・・・・・。最近は上昇トレンドが得意になっているのですが、ほぼ毎日、トレンドは寝ている間か、出勤中に終わって、最近では超苦手にしているトップ圏や谷底ばかりやらされる始末。

1月10日は谷底でした。



谷底で横滑りした場面だったこのチャート。昔はこういうチャートを大の得意にしていました。その理由は引っ張り線と地雷からの買いエントリーでガンガン稼いでいました。

地雷とは黄色でかこった部分の最初の①の所の下影陽線のように、EMA5MAから完全に離れて下に有る下影陽線・下影陰線を云います。

引っ張り線はEMA5MAを上のヒゲで引っ張る形で実体がぶら下がるロウソク足をいい、合成での形成も含めた上昇暗示です。

引っ張り線・地雷共に、3_level_zz_semaforの安値、またはzigzagの安値ポイントの右側が対象になります。上の黄色い丸の中には7本の引っ張り線があります。

なぜ、FX取引で9割の人が損をするのか? その理由

引っ張り線は、陰線と陽線を合成するか、陰線群と陽線群を合成して陽線トンカチ・陰線トンカチになる物、もしくは陰線トンカチ・陽線トンカチ・下影陰線で上ヒゲの部分にEMA5MAをひっかけているロウソク足を云います。

狙い方は1時間足の引っ張り線の後で、15分足を見て陰線から陽線になったところで買いエントリーです。

また、15分足で3_level_zz_semaforの安値、またはzigzagの安値ポイントの右側の後に引っ張り線が出た時も、大チャンスなので15分足の場合は引っ張り線になるロウソク足の高値に逆指値買いを仕掛けたり、ロウソク足が上昇に転じた時に合わせるのも有効です。

最近、これをやっていないのが問題なんだよね。勝率が悪いのは相場のいつもの動きに合わせてないからなんだよね。



こういう場面の売りエントリーに関しては、15分足の3_level_zz_semaforの高値の後に切り込みが起こったところで売りエントリーします。

ただし、売りエントリーしていい切り込みはEMA5MAの上に実体の3分の2以上を置く①~⑥のような陰線で、⑧のようにEMA26MAから近く、EMA5MAに半分以上実体が沈んでいるものは損切りになる可能性が高いです。

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。:

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です