もう少し時間がかかるかな

1月12日、相変わらずレンジ相場でやりにくい。でもまあ、引っ張り線の戦術があるから利益は出せる。



ただまあ、流れに乗りきれない。勝ちまくっていたところの感覚は戻っていない。基本的に引っ張り線の上昇は上の移動平均線までなので、その場所まで行けば利益確定して逃げます。

その後、陽線になれば上昇を見込めるか、下降を見込めるかは①のように陽線が陰線を追い越しているかどうかで判断します。もし①のように陰線より上に来ていれば、85%以上の確率で次の1時間は上昇します。

ただし、②のようにMACD・macd-2のヒストグラムとシグナルラインの両方が弱気下降している4点下降の場面では、引っ張り線は機能せずに下降暗示ダブルたくり線+陰線が優先され、下降します。

1時間足での売りエントリーは、macd-2のシグナルラインのデッドクロスの後で、ヒストグラムが弱気になっているとこれで出る陰線トンカチか下影陰線の後で売りエントリーすると安全に稼げます。上のチャートでは1か所づつあります。

このチャートを15分足で見るとこうなります。



①が引っ張り線の後になります。基本陰線から陽線になれば買いエントリーですね。あとはほとんどが陰線になるまでキープして、陰線になれば決済でもいいです。

②のスパンモデル上り坂の法則は、macd-2のシグナルラインがゴールデンクロスの後上昇している状態だと、ほぼ100%利益を出せます。

ただし、macd-2のシグナルラインがデッドクロスをしたら、スパンモデル上り坂の法則は機能しません。よって、macd-2のシグナルラインがデッドクロスをしたら買いエントリーは禁止だと思ってください。

③売りエントリーは15分ではシンプルに『EMA26MAの下でしかエントリーできない』という縛りを持ちます。

EMA26MAの上で売りエントリーする場合、すぐにはらみ上げ、引っ張り線になって急上昇されて大損害になりやすいので、売りエントリーしないようにします。

こう言った相場の癖というか、傾向というか、そういうものは何年やっても変わらないので、徹底的にこの性質を利用するトレードを落とし込むことに専念すると勝てるようになります。

私も実際に今、相場の性質を利用するトレードを落とし込んでいるところです。

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。:

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です