スパンモデル坂道の法則を簡易化してみたら圧勝できた

スパンモデル坂道の法則を簡易化、そして強化してみた。単純に・・・・・。

それがこちら
▼ ▼
FXは追い越せなかったを狙えば『誰でも稼げる』

もの凄く簡単で、単純、圧倒的に勝てます。基本的には1時間足以上の時間足で非常に大きな効果があります。では、金曜日のトレードをご覧ください。



ボルマン理論FX~億トレーダーへの道◆秒速スキャルピングツールの 最終兵器【Hyper Click Billionaire Scalping 】SP(スペシャルバージョン)◆

まずは目をつけるべきところですが、★1のmacd-2が売りゾーンになっているところです。これはやがて下降が始まるサインです。ただし、★2のMACDはゾーンダイバージェンスであるということ、これは下降してきたロウソク足は、EMA26MAもしくは青スパンで跳ね返るということです。

案の定5の直前で下降してきました。はらみ上げに直前でなってますが、macd-2が弱気の陽線は上昇より下降の確率が高く、ここは1時間流して『追い越せなかった』はらみ落としを待ちます。

結果、5ではらみ落としになり、売りエントリーしました。青スパンまで伸びたところで下降が停滞したため利益確定し、反発に警戒し1時間様子を見ました。

この段階で1分足も15分足も見るのあほらしくなってます。ダマシが多いから・・・・・。

1時間後、3_level_zz_semaforの安値①が付き陽線が出ました。青スパン上昇中で安値も切り上がった状態なので、ここ6はmacd-2のヒストグラムが弱気でも迷わずに買いエントリーします。ただ、高値③より低い位置で大きな陽線が確定したため反発が見込まれるので、買いエントリーはキープせずに1時間で利益確定です。

1時間様子を見ると案の定陰線が出ました。これは売りエントリーか!!チャンスと一瞬思いましたが、macd-2のヒストグラムを見ると強気のピンク・・・・。

なんだ、逆指値買いですか・・・・。と逆指値買いエントリー。

実はこの『陰線でmacd-2のヒストグラムが強気』なら陰線の始値に逆指値買いエントリー、『陽線でmacd-2のヒストグラムが弱気』なら陽線の始値に逆指値売りエントリーはかなりの確率で勝てます。

それぞれ陰線は3_level_zz_semaforの安値の右側、陽線は3_level_zz_semaforの高値の右側という制約はありますが。効果は抜群です。

ここでも大きく打ち抜いたため、1時間後大笑いで利益確定です。macd-2は相変わらず売りゾーンなので上昇は単発で終わって、一気に引き落とされる確率もあるので、もうこまめに利確です。



FXを始めるならSBI FXトレード!

1時間様子を見ると、かなり下降しました。3_level_zz_semaforの高値③も付いたし、見るとMACDのヒストグラムがダイバージェンスです。これは直前の大きな陽線を越えられなかった陽線の後の陰線から売りエントリーを狙う場面です。

チャンスをうかがっていると4でたくりトンカチ、モロくそ下降暗示じゃん。

売りエントリーで待つと2時間下降しました。1時間30分たったころに週末の閉門⇒トランプの暴言で高騰を避けて、さっさと利益確定です。

正直、FXは『追い越せなかった理論』と『macd-2ヒストグラムとロウソク足の矛盾』だけを追い回せば、トータルで大きな利益になる。それが私のたどり着いた結論なんですよね。これからはずっとこの方法になると思いますし、結果もみなさんに示せると思います。



 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。:

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です