USD・JPY・4時間足・5月21-25日

もう反省すべし。青スパン坂道の法則と、ストキャスの傾きで、後者を優先。エントリーの機会を逃す。


【1日10分の投資法】

急な下降の後、上昇して終わったのが5月18日の流れ、ここでストキャスが落ちていた。しかも売りの3点一致の状態で、陽線のはらみ線になってました。買いの要素としては3_level_zz_semaforの安値が切り上がって、反発のはらみ線。

どっちか迷った挙句見送ると上昇トレンドになってました。エントリーし損ねた。スパンモデル坂道の法則では、青スパンの直前の坂が上り坂で、3_level_zz_semaforの安値が切り上がって、反発の陽線が出たら買いエントリーとあります。

ルールとストキャス。ルールの方が上ですね。次のチャンスを待ちます。

5月21日18:00、1時間足に陰線が出たので、その高値に逆指値買いエントリーで待ち構えます。ここを越えてくるならば上昇の確率が高いので、ここにポイントを作っておきます。今は4時間足の上昇気配が異常なほど強いので、売りは出せません。次の時間も陰線なら、その陰線の頭にエントリーポイントを引き下げていきます。


国内最大の投資家向け専門店トレーダーズショップ

壮絶なチョンがけを食らって40pips負けちゃいました。なんだかなあ・・・・・・。


なぜ、FX取引で9割の人が損をするのか? その理由

基本的には陰線トンカチが出た時点で、1時間足を確認して売りの3点一致が出ていれば買いエントリーは終了です。ここで決済して損切りするべきです。


ローソク足だけで相場の天底を狙うトレード手法『キャンドルトレード』

正しくは、その後4時間足で売りの3点一致が出ている下影陰線から売り仕掛けるのが正解です。

私は逆指値買いを入れて一時的に上昇しましたがすぐに下降して現在20pips程度負けてます。青スパンからの上昇を期待しますが、何とも期待薄です。でも、まあ、こうして勝ちも負けも公開していきます。ルール通りにやれば勝ち、ルール違反をすれば負ける。それを証明し、果てはFXで勝てることを実証できればと思ってます。

怒涛の3連敗。4連敗目指して24日18:00に買いの3点一致で買いエントリー。さて、どうなる。

基本的にはOsMACD_Mのシグナルが下降中には買いエントリーは危険。さらにMACD-2のデッドクロス中は陽線は2本以上続かない。さらに陽線がEMA9MAに押さえられたら反転下降の可能性が高い。など、基礎的な部分での確認作業がなされていないのが原因。

2回目の買いエントリーは、直後の陽線で決済し、始値に逆指値売りで対応すべきところ。

3回目の買いエントリーは、陽線が出たら2本目になるので、ここで決済。これが基礎。長く4時間足を離れていたので、忘れていることだった。。

 

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。:

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です