2018年12月7日15分足・日足で1日の流れを読む

まず全体的な流れを読みます。そのためには日足を見る必要もあります。

月50万円 マーケティングFX ノウハウもロジックも販売ページで公開

日足で見ると12月7日は大きな下影陰線の後で不安定な動きをする日だということが分かります。ただしMACD-2のMACDラインは勢いよく下降しているので、この場合乱高下しながらズルズル落ちるという日になりそうで、実際にそうなりました。


FXぷーさん式 トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝

案の定、MACDラインに沿って平均足は乱高下しました。このMACD-2のMACDラインに沿って平均足が乱高下する場合は取りやすいのですが、この取りやすいところは青スパンの動きとMACDラインの動きが同じ場所が大きく儲ける場所になるのですが、逆無二になった所。最後の高値の右側がややこしくなるのですが、こういうところをしっかりと理解しなければなりません。

基本的には青スパンが下降しているときには売りエントリーだけを狙います。ただし、MACDライン上昇中は、あまりEMA9MAよりは離れて行くことはありません。この2つを基礎にトレードを行わなければなりません。


FX歴38年の重鎮!岡安盛男のFX極

下影陽線からの買いエントリーを狙う場合はMACD-2でヒストグラムをMACDラインを抜けていること。それとEMA9MAから離れていること。買いエントリーは陰線になれば終了、EMA9MAを打ち抜いた陽線で終了です。

売りエントリーを入れる場合はEMA9MAが陰線の実体の中央付近を通過している陰線から売りエントリーを入れます。そして、EMA9MAの下に深く入った陰線が出ればエントリー終了です。欲張ってキープすると跳ね返されてしまいます。

また、青スパンが下降中で、Ma_in_colorのEMA9MAが弱気で下降している場合、ロウソク足がEMA9MAを打ち抜いていくのは至難の業なので、EMA9MA付近まで近づいてきたら売りエントリーのチャンスだと認識する必要があります。



口座開設キャンペーン!最大20,000円キャッシュバック!

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。:

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です