追い越せなかった理論AUD・JPY日足6月17-28日


最狭水準スプレッド!FXを始めるなら外為ジャパン

6月18日深夜です。今、日足は陽線になりかけてます。そして青スパンと転換線がクロスに向かってます。ようやく長かった下降トレンドが終わりを告げそうです。

今後はスパンモデルを使った追い越せなかった理論で、ガッツリいただきますよ。ちょっと後退した資産は、3か月もすれば倍返し出来るでしょう。


FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

転換線・青スパン・赤スパンの坂が下り坂の状態では、やはり上昇は伸び悩みますね。火曜日に陽線になりましたが、水曜日・木曜日と転換線まで上昇しては手痛いほど跳ね返されています。当然、水曜日の陰線で『追い越せなかった理論』成立で売りエントリーでもいいのですが、4時間足を見ると。




転換線が上向きになり、青スパンと絡みに行っています。こういう場所では売りは伸びません。青スパン・赤スパンの直前の坂は『下り坂』で、高値が付けば反転売りエントリーは有効な状態で、買いエントリーの方も安値3の右側で出た安値1・2からは有効なゾーンです。

こういう時はそうですね。4時間足のMA_BBandsの上のバンド付近の高値マークから売りエントリー、MA_BBandsの下側付近の安値マークから買いエントリー という対処が正解になります。しばらく、この状態が続くと思います。

日足の方は6月21日のロウソク足が陽線だと『追い越せなかった理論』が成立して買いエントリーの条件が揃います。

21日に陽線になり、追い越せなかった理論が成立し、その後上昇していきました。現在青スパンの中に入っています。予想される動きとしては青スパン辺りに落ちてくることがあるかもしれませんが、基本的には赤スパンまでロウソク足は当たりに行きます。それまでは買いエントリーキープです。

それは、さておき、追い越せなかった理論を4時間足でルール通りに運用すると

高値3~安値3までと、青スパンと赤スパンのデッドクロス中は高値マークからの売りエントリーで、MA_BBandsの下のバンド付近まで行けば利益確定します。

安値3~高値3までと、青スパンと赤スパンのゴールデンクロス中には、安値マークからの買いエントリーでMA_BBandsの上のバンド付近まで行けば利益確定します。

また、その場合利益確定40pips、損切り80pipsで設定して放置してもOKで、たまにエントリーと逆のMA_BBandsのバンド付近まで行ってないか確認するようにします。

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。:

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です