2020年1月を振り返る

2020年1月の反省です。

きちんと9MAトレードやれ!!ということです。

今月の私の利益は170pipsで、メインチャートでルール通りなら487pips稼げてました。

たった、3分の1ですか。これではっきりしました。9MAトレードは強いんです。

では、1月の9MAトレードの正解を見ていきましょう。

最狭水準スプレッド!FXを始めるなら外為ジャパン

1月3日の朝、2日の平均足が陰線になり、EMA9MAの打ち抜きが確認されました。

ここで売りエントリーを入れます。この後、1月7日に安値が付いた『うんこだし線』が出ているので、4時間足をチェックし、MACD-2がゴールデンクロスになっていて、平均足が陽転し、EMA9MAを打ち抜いていないか確認します。

通貨ペア充実の”DMM FX”!

前記の条件に嵌っているので、1月8日の朝に売りエントリーは決済し、買いエントリーを入れます。


初心者もアクティブトレーダーもFXの取引は「みんなのFX」で。

その後は平均足が陽線の間はついていきます。高値③が出ているので、高値①が出た場合、平均足が陰線になれば、追い越せなかった理論を適用し、買いエントリーを決済し、売りエントリーを入れます。

1月17日に平均足が陰線になったので、1月18日に買いエントリーを決済し、売りエントリーを入れます。


FXはじめるなら【LIGHT FX】

その後、1月28日朝に決済条件に嵌りますが、15-18時の4時間足が陰線になり、追い越せなかった理論から売りエントリーリスタートになります。

その後、売りエントリーは決済条件に至らず、そのまま売りはキープされています。というのが正解エントリーです。

9MAトレードのルール通りにやり、アリゲーターの絡み合うレンジ圏では『追い越せなかった理論』を適用する。それが日足のトレードでは正解になります。これがきちんとできていれば相場という戦場で負けることはありません。

トータルで必ず勝てて、資産が増えるだけ。だったら、やった方がよくないですか?


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。:

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です