スパンモデル坂道の法則と上り斜面・下り斜面の法則

スパンモデル坂道の法則は、15分足・1時間足・4時間足・日足で有効なトレードルールです。私はゆったりとしたトレードがしたいので、基本は4時か足でやります。

このスパンモデル坂道の法則は、基本的に追い越せなかった理論を補強し、ダマシを回避する方法です。エントリーは追い越せなかったところを狙うという基礎はぶれません。

では、必要なインジケーターです。

スパンモデル

EMA5MAとEMA9MA

3_level_zz_semafor

有ればもっと楽になる(補足・三点一致を取るために)インジケーター

MACD-2とOsMACD_M

チャートはMT4のデモトレードを使います。

3_level_zz_semaforとMACD-2とOsMACD_Mの3つはMT4のターミナルからインストールして使います。設定方法はコチラで確認してください。http://osigotoageru.info/fx1h

EMA5MAとEMA9MAのデッドクロス中の売りエントリー

EMA5MA(緑)とEMA9MA(赤)がデッドクロス(クロスしてEMA5MAが下にまわった形になること)ている場所では、のちに述べるスパンモデルの上り坂の法則に当てはまらない限り買いエントリーはしません。EMA9MAを打ち抜いて上昇しても、EMA5MAがEMA9MAの下に有る限り絶対に買いエントリーしません。

こういうデッドクロスしている場面では徹底して追い越せなかった理論の成立する場所の陰線を狙います。

簡単に言うとEMA9MAより下で、ロウソク足が陽線から陰線になった場合に売りエントリーします。

EMA5MAとEMA9MAがゴールデンクロス中の買いエントリー

EMA5MAとEMA9MAがゴールデンクロス(交差してEMA5MAが上になる)した後は、デッドクロスになるまでは追い越せなかった理論が成立する陽線を狙って買いエントリーします。

つまり、EMA5MAとEMA9MAがゴールデンクロス中にEMA9MAより上でロウソク足が陰線から陽線に陽転した場合に買いエントリーを入れます。

エントリーの基本はEMA5MAとEMA9MAが基準となり、

ゴールデンクロス中は

追い越せなかった成立の陽転した陽線から買いエントリー

デッドクロス中は

追い越せなかった成立の陰転した陰線から売りエントリー

が基本で、間違ってもゴールデンクロス中に売りエントリー、デッドクロス中に買いエントリーはしないようにしてください。

FXで大きく負ける場合のほとんどが逆張りからのキープです。

スパンモデル坂道の法則でのエントリー

但し、例外もあります。それがスパンモデル坂道の法則です。

青スパン上り坂の法則

1・青スパンが赤スパンの上に有る。

2・3_level_zz_semaforの安値が付いて安値を切り上げてきて、直前の青スパンの坂が上り坂である。

3・安値マークの後反転し、陽線になった。

以上の条件を満たせば、青スパン上り坂の法則は成立し、買いエントリーである。

赤スパン上り坂の法則

1・赤スパンの直前の坂が上り坂である。

2・切り上げ、切り下げに関係なく3_level_zz_semaforの安値が付く

3・安値の後、下影陽線になるか、陽線トンカチで引っ張って、陽転してきた。

以上の条件が揃えば、赤スパン上り坂の法則が成立するので、買いエントリーする。

青スパン下り坂の法則

1・青スパンが赤スパンの下に有る。

2・3_level_zz_semaforの高値が切り下がっていて、青スパンの直前の坂が下り坂

3・高値から陰転し、陰線になった。

この条件が揃うと青スパン下り坂の法則成立です。ここで売りエントリーします。

基本は高値を打ち抜かれない限り下降していきます。

赤スパン下り坂の法則

1・赤スパンの直前の坂が下り坂である。

2・切り上げ、切り下げに関係なく3_level_zz_semaforの高値が付く

3・安値の後、下影陰線になるか、陰線トンカチで陰転してきた。

以上の条件が揃えば、赤スパン下り坂の法則が成立するので、売りエントリーする。

注意点は直接安値マークがつくような大きな陰線で、EMA5MAの下に大きく落ち込んだ陰線からは売りエントリーしないこと。

反転下降はEMA9MAに当たる・打ち抜くから始まることが多いので、そのあたりで高値マークがついた下影陽線の始値に逆指値売りを入れても有効です。

青スパン・転換線の上り斜面の法則

青スパン・転換線が急角度の上り斜面を作ったところの陽線が出ると、その後上昇トレンドが発生しやすい。性質を利用した買いエントリー。

青スパン・転換線のどちらかが急角度の上り斜面を作って陽線になったら買いエントリーという方法を取ります。

青スパン・転換線の下り斜面の法則

青スパン・転換線が急角度の下り斜面を作ったところの陰線が出ると、その後下降トレンドが発生しやすい。性質を利用した売りエントリー。

青スパン・転換線のどちらかが急角度の上り斜面を作って陰線になったら売りエントリーという方法を取ります。

以上が青スパン坂道の法則によるエントリールールです。

決済方法

これは簡単です。

買いエントリー成立後は、EMA5MAとEMA9MAがデッドクロスになったら決済です。

売りエントリー成立後は、EMA5MAとEMA9MAがゴールデンクロスになれば決済です。

まあ、単純ですね。

このトレード実績は以下のブログで公開します。

スパンモデル坂道の法則

対象通貨ペア:USD・JPY

時間軸4時間足